CSR・品質・環境・社会貢献

HOME > CSR・品質・環境・社会貢献 > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境マネジメント

エナジーサポートは、従来からの環境法令遵守はもとより、地球環境の現況を捉え、より積極的な環境保全活動に取り組むことが企業の社会的責任と考えています。環境保全に向けた環境方針を企業理念、企業行動指針に基づいて設定し、地球環境負荷の軽減に向けた環境保全活動に取り組んでいます。

環境方針
基本方針
エネルギー産業に奉仕する会社として、『環境に優しい企業』をめざし、環境の保全に努めます。
行動指針
  1. 省資源・リサイクルに配慮し、環境に優しい商品の開発に努めます。
  2. エネルギーの有効利用、産業廃棄物の減少、汚染の予防に努めます。
  3. ここ、緑の多い犬山市において、緑化を進め、地域との共存に努めます。
  4. 環境目的・目標を明らかにし、見直しするとともに、システムの継続的改善に努めます。
  5. 国や自治体などの環境規則と自主管理基準などを守り、緊急事態や事故に備え、環境影響の予防、緩和に努めます。
  6. 環境意識向上のための教育に努めます。また、環境方針などの情報を公開します。

地球温暖化防止

エナジーサポートは、電力使用量の低減やボイラ運転効率の向上、燃料転換などの対策を行って、CO2排出量の削減に取り組んでいます。

そしてSF6ガスはCO2の23,900倍もの温室効果ガスですが、配電機器製造、検査時に若干ながら大気へ放出されるSF6ガスを極力抑制するように取り組んでいます。

廃棄物の削減

廃棄物の削減

エナジーサポートは、「廃棄物対策委員会」が中心となって、“分別すればゴミじゃない”を廃棄物削減のモットーとして廃棄物の解体分別を推し進め、廃棄物発生量の抑制、リサイクルの推進を行っています。

《 PCB廃棄物 》

エナジーサポートは環境汚染物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニール)が入った変圧器、コンデンサを厳重に保管しており、2010年度より無害化処理を実施しています。

環境保全のあゆみ

ISO14001と環境監査

更新審査の全体会議

更新審査の全体会議

エナジーサポートは、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を環境保全活動の有効なツールと捉え認証を取得し、現在16年目の環境保全活動に取り組んでいます。環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、積極的に推進してまいります。環境マネジメントシステムの継続的改善への機会となる内部環境監査も回を重ね、外部審査登録機関による外部審査も、2015年4月に第5回更新審査を実施し、環境マネジメントシステムが継続的に維持されていることが認められております。

組織別審査

組織別審査

生産管理センターの説明

生産管理センターの説明

製造作業の説明

製造作業の説明

ISO14001登録証

ISO14001登録証

教育と啓蒙

エナジーサポートは、新入社員教育のカリキュラムに環境基礎教育を組込み、社員教育を実施しています。さらには、年度始めに社員の業務内容に合わせた教育・訓練計画書を策定し、その計画書に基づき各部門ごとに自覚教育、環境保全要員教育、緊急時の訓練などの環境教育を実施しています。

また、日常の環境保全啓蒙活動として、環境方針及びEMS(環境マネジメントシステム)での「私の役割」を明確にし、EMSカードに明示、携帯して、全社展開を図っています。

新入社員研修
新入社員研修

温度設定
温度設定

ページの先頭へ

  • CSRの取り組み
  • 品質への取り組み
  • 環境への取り組み
  • 地域社会貢献活動